最近の記事

2016年12月29日

子宮頚癌ワクチンが重篤な副作用の原因ではなさそう。

子宮頚癌ワクチン接種を躊躇している方とその保護者の方へ。

小学6年生から高校1年生の女児・女性は、定期予防接種として子宮頚癌ワクチンを3回無料で接種することができます。副反応問題のために市町村からお知らせはされていませんが、定期接種することは可能です。
この度、問題になっている副反応はワクチン接種のせいではなさそうであるという研究報告がありました。
中学3年生までは接種を待ってかまいません。高校1年生は、接種をご検討ください。

2016年12月26日に開催された厚生労働省の部会で、子宮頚癌ワクチン接種後の副
反応の疫学調査結果が公開されました。マスコミでも取り上げられましたが、そ
の意味が曲解されていたように思うので、すこし補足したいと思います。
(以下はワクチンを専門とする医師として、菊池の個人的な見解と解釈です。)

第23回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科
会副反応検討部会、平成28年度第9回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策
部会安全対策調査会の議事録ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000147015.html
疫学研究結果
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000147016.pdf
この資料の最後に、結論が書いてあります。

以下引用
---------------------
(1)HPVワクチン接種歴のない者においても、HPVワクチン接種後に報告さ
れている症状と同様の「多様な症状」を呈する者が、一定数存在した。

(2)本調査によって、HPVワクチン接種と接種後に生じた症状との因果関係は
言及できない。
---------------------
引用おわり。

この2行は理解しずらいので、言い方を変えるとこうなります。

(1)HPVワクチンを接種しても、接種しなくても、同じような「多様な症状」
が発生している。

(2)HPVワクチン接種が「多様な症状」が起きた原因とはいえない。

マスコミは因果関係が「わからない」と報道していましたが、そうではありません。
因果関係があるとはいえない、と言っています。

誤解しないでいただきたいのは、「多様な症状」が「気のせい」といっているの
ではありません。心のバランスが崩れると本当に症状がでて苦しみます。たとえ
はあまり適切ではありませんが、たとえば強い精神ストレスが原因で円形脱毛症
や胃潰瘍になります。その原因のストレスを解消すると治ります。「心因反応」
や「心身症」の症状も、もっと深い心の問題から、実際に症状が出ます。「気の
せい」とは全然違います。

この研究が示しているのは、「多様な症状」が、HPVワクチンが原因で起きた
物ではない(と考えられる)という1点を示したものです。ですから、症状が出
たことでワクチンメーカーや国を訴えるのは筋違いということです。
もちろん真の病因は医学的に解明され治療されることが望まれます。今後の研究
が待たれます。

さて、翻って、現在子宮頚癌ワクチンの接種を躊躇している方へ。

子宮頚癌ワクチンで心配されている副反応は、実質的に、子宮頚癌ワクチンの接種とは関係
ありませんでした。(これだけデータがそろえば断言していいレベルです)

子宮頚癌ワクチンを打つと、子宮頚癌のリスクを大幅に下げることができます。

小学校6年生から高校1年生の女児なら、子宮頚癌ワクチンは定期予防接種で無
料で接種することができます。
このワクチンは、HPVに感染していないバージンの内に打つと高い効果が得ら
れます。経験するとHPVに感染するので効果が下がります。

お国がいろいろ検討している間に、2年3年と時間が過ぎてしまいます。行政の人
からみれば開始が遅れてもたいしたことではありませんが、接種のチャンスをの
がして子宮頚癌になってしまった人にとっては、自分の事として苦しむことにな
ります。

この問題をわかりやすく深く掘り下げた文章が、
Wedge Infinity という新幹線のグリーン車においてある雑誌を出版している会
社の雑誌に掲載されています。
http://wedge.ismedia.jp/ud/special/567771a3b31ac90fb0000001
これの一番最初(リストの下)の3本を読んでいただくと、症状に苦しんでいる
人がいることは事実だが、それは子宮頚癌ワクチンの接種が原因ではないという
意味がわかると思います。

菊池
posted by スタッフ at 18:23| お知らせ

2016年11月11日

年末年始の休診について

予防接種センターでは、12月29日午後から、1月3日まで、休診いたします。

posted by スタッフ at 22:20| お知らせ

2016年09月23日

10月からB型肝炎が定期予防接種になります。

10月からB型肝炎が定期予防接種になります。2016年4月1日生まれ以降の0才児が対象です。
1回接種後、4週間後と20週後以降で3回接種です。通常は2ヶ月齢から他のワクチンとともに接種していきます。父親や同居祖父母にB型肝炎キャリアの方がいる場合には0ヶ月齢からの接種が推奨されます。1才になると、対象でなくなります。

母親がB型肝炎キャリアの場合は、保険診療で行われ、生後12時間以内に接種が開始されます。

名古屋市民には、2016年3月31日以前生まれの0歳児に対し、名古屋市による半額助成があります。この制度は、2017年3月31日までです。

posted by スタッフ at 18:12| お知らせ

2016年09月15日

インフルエンザワクチンの供給は10月は例年より少な目の模様です。

当院では、海外に赴任する方、海外から一時帰国して接種するタイミングが限られている方など向けに、インフルエンザワクチンを9月27日から開始します。

今年は、ワクチンメーカーの1社が熊本の震災で被害を受け、インフルエンザワクチン供給が例年より1ヶ月遅れる見込みです。10月のワクチン供給量は、例年より少な目と言われており、10月にはインフルエンザワクチンが不足気味になる可能性があります。インフルエンザワクチンの予約を入れられた方は、来院前にこのホームページを確認するようお願いします。

また、今年は保存剤の入っていないインフルエンザワクチンは製造されません。すべて保存剤入りのワクチンになります。保存剤の入っていないワクチンをご希望されてもご希望に添えませんのでご了承ください。なお、保存剤の安全性はすでに科学的に証明されておりますので、安心して接種されてください。

一方、今年は鼻にスプレーするタイプのインフルエンザワクチン『フルミスト』を試験的に少量輸入します。準備ができましたらお知らせいたします。接種適用は2才〜50才です。
posted by スタッフ at 18:57| お知らせ

麻疹ワクチンの不足について

現在、大阪、兵庫、神奈川での麻疹流行による麻疹ワクチンの需要急増により、ワクチン不足が起きています。

これまで日本政府は『ワクチンを2回接種していれば罹らない』『2回接種した人は接種が不要』と主張していましたが、今回の関空で発生した患者の約3分の1はワクチンを2回接種している人でした。2回接種していれば大丈夫なのではなく、免疫がついていなければ2回接種していても発病することが示されました。
http://www.nih.go.jp/niid/images/epi/measles/linelist20160907.pdf

当院では、免疫がない人への接種を避けワクチンを有効に使用するため、まず血液検査で抗体を測定して、免疫がない場合にのみ接種する方法を採っております。

また、麻疹ワクチンがなくなったら、MR(麻疹風疹混合)ワクチン、輸入のMMR(麻疹風疹おたふくかぜ混合)ワクチンを使用して対応いたします。

posted by スタッフ at 18:43| お知らせ

2016年09月07日

第10回東海渡航ワクチンセミナーのプログラムを掲載しました。

10月1日に、東海渡航ワクチンセミナーを開催いたします。
http://vc.kkch.net/tokai-seminar.htm
posted by スタッフ at 19:25| お知らせ

2016年05月24日

5/25-5/26 宮津出張で不在です。

5/25の10時頃から、5/26の午前中は、宮津が出張のため不在いたします。
サミットの交通規制に対応するため、出発時間が早まったためです。
ご了承ください。

なお外来は通常どおり行っております。

posted by スタッフ at 21:00| お知らせ

2016年05月21日

5/25-28の伊勢志摩サミットによる交通規制にご注意ください。

今回サミットが伊勢志摩で行われ、全国で関連会合が行われます。これに伴い、愛知、三重では高速道路、自動車道、一般道で交通規制が行われる、あるいはすでに行われている模様です。
また、名古屋に宿泊する閣僚などのため名古屋市内も一部交通規制があるようです。
詳細な日程は非公開で予測が不能です。

車や電車でご来院される方は早めのお出かけをお願いいたします。

状況に関する詳しい説明は、こちらをご覧ください。
官邸: http://www.kantei.go.jp/jp/headline/iseshima_keibi.html
愛知県警: https://www.pref.aichi.jp/police/anzen/samitai/traffic.html
三重県警: http://www.police.pref.mie.jp/samitto/samitto_11.html
日本道路交通情報センターJARTIC: https://twitter.com/summit_jartic
セントレア: http://www.centrair.jp/whatsnew/1199056_1429.html

posted by スタッフ at 12:55| お知らせ

2016年04月08日

ワクチン不足のおそれについては、一段落したようです。

昨年から続いてまいりました化血研の出荷自粛に伴うワクチン不足の混乱は、完全に収束したもようです。
現在、特にワクチンが不足しているものはありませんので、ご安心ください。
posted by スタッフ at 14:21| お知らせ

東海渡航ワクチンセミナーの日程について

第9回東海渡航ワクチンセミナーは、6月4日に開催いたします。
特別公演は、川崎医大の中野 貴司先生です。
B型肝炎の高度流行地域に滞在する場合の、感染予防について、ワクチン以外の予防・注意点を含めたご講演をいただくことを予定しております。日本ではB型肝炎のキャリア率が0.1%くらいですが、途上国では10〜20%のところが多いです。つまり5〜10人に一人はB型肝炎ウイルスを体内に持っていることになります。このような環境で行うべき予防方法などについてご講演をいただきます。

第10回東海渡航ワクチンセミナーは、10月1日に開催いたします。

posted by スタッフ at 14:16| お知らせ